頭をチラチラ見られてる気がする…やっぱり薄毛が原因?

実は前から気になっていた薄毛。何となく人からチラチラと見られてる気がしてるのは意識し過ぎ?って思うけどやっぱり違う。やはり気になったら見てしまうのが薄毛。そんな薄毛の治療薬「ミノキシジル」と「プロペシア」を使ってみたい!

*

発毛効果にはミノキシジル・抜け毛を止めるプロペシアの効き目は?

男性の頭髪に薄毛をもたらす原因には様々な可能性が考えられますが、その中でも最近特に注目を集めているのがAGAという病気です。

これは精巣にて作り出された男性ホルモンが活発に体内を巡る中で、頭皮にある5αリダクターゼという特殊な酵素と反応し合いDHTという物質を作りだします。AGAを発症している人は頭髪の根元にある毛乳頭に特別な感知機能を持っており、このDHTを察知するとすぐに毛細血管からの栄養分の補給をストップさせ、毛母細胞の細胞分裂を抑制します。

こうなると頭髪全体に栄養分が行き渡らなくなり、なおかつそれ以上の成長ができなくなることから、そのまま栄養不足に陥って抜け落ちていくことになります。このようにして成長期にあった頭髪でもすっかり退行期、休止期に陥り、そのまま毛が生えない状態になってしまうのです。

AGAの治療薬であるミノキシジルとプロペシア

この症状を改善する上で欠かせないのがミノキシジルとプロペシアです。

  • ミノキシジル

まず、ミノキシジルには発毛効果があることでよく知られています。これを頭皮に塗るとその部分の毛細血管が拡張され、その分、多くの血液が流れるとともに、それに比例して多くの栄養分が補充されることとなります。栄養不足に陥っていた頭髪の毛根組織がこのようにして栄養を取り戻すことで毛母細胞の細胞分裂も元に戻ります。

すっかり細くパサパサした栄養不足の状態になっていた頭髪の抜け毛を止めることができ、なおかつ潤いとコシのある健康的な状態へと変えていけるでしょう。

  • プロペシア

一方、プロペシアはミノキシジルとは違い、飲むタイプの薬です。

これにはフィナステリドと呼ばれる成分が含まれており、もともと前立腺肥大症の特効薬を開発中に偶然にも発毛効果が認められ、その後の研究によってこのような飲み薬の成分として採用されました。これを飲むと、頭皮にある5αリダクターゼと呼ばれる酵素ののⅡ型の働きが抑制され、これらが男性ホルモンと相まって頭髪の成長バランスを乱れさせるDHTという物質を作りだすのを抑えることができます。

こうやってDHTの分泌量の減少によって、これまで退行期や休止期に陥っていた頭髪の成長サイクルも正常化し、徐々に成長期へと回復させていくことが可能となります。抜け毛が進んでいた頭髪もこれで元気を取り戻すことができて、もう一度生え揃っていくこととなるでしょう。

両方使うことによってさらに効果

このように、効果が出るまでに多少個人差はあるものの、ミノキシジル・プロペシア、または双方を使いこなすことによって、これまで悩み続けてきたAGAによる薄毛は解消され、しっかりと発毛を実感することができるはずです。

公開日: